ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーには、「水を買いに行く手間が省ける」「冷水やお湯がいつでも使える」「安全性が高い」といろいろなメリットがありますが、実はデメリットもあります。

ターゲットに応じた浄水器のランキングを調べるならこのサイトです。

まず、「それなりに電気代がかかる」。

低価格カードプリンターについての情報をお探しの方は必見です。

ウォーターサーバーは、冷水とお湯をいつでも使えますが、その機能を維持するためには24時間稼働させておく必要があり、月平均で1、000円ほど電気代がかかります。


年に換算すると、1万2、000円です。

定温輸送の最新情報をご提供します。

3〜4人用の冷蔵庫は8、000円くらいですし、省エネタイプだと5、000円という物もあるので、それらと比べると高いという感じがしてしまいます。

役立つグランドピアノのショールームの情報を公開しています。

とはいえ、常時お湯を使えるということはいちいちお湯を沸かす必要がないということなので、その分のガス代が節約できているという見方もできます。

ですから、これはそれほど大きなデメリットではないでしょう。

新しいイタチの駆除方法情報を利用しましょう。

それよりも大きいデメリットは、「設置に場所をとる」ということです。

http://girlschannel.net/topics/167056/

ウォーターサーバー本体を置くスペースだけでなく、後ろや横にもある程度のスペースがないと冷却機能が発揮できないので、けっこうなスペースを必要とします。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/03/4-55.html

家庭で使う場合は、キッチンに置くのが一般的ですが、キッチンの配置を後からいじるのは難しく、スペースが確保できないということも少なくありません。

また、床タイプは高さがあるので想像以上に場所をとりますし、卓上タイプは倒れた時のことを考えるとテーブルの端には置けなかったりと、けっこう制約が出てきます。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6133623.html

関連リンク

ウォーターサーバーの水は何がいい?


ウォーターサーバー選びで最も時間をかけたいいのが水選びです。ウォーターサーバーには様々なものがありますが、やはりどのような水を飲むのかを考えたいところです。...

ウォーターサーバー業者について


ウォーターサーバーを運営している業者は、かつてはそれほど多くはありませんでしたが、現在ではかなり多くなってきました。中には少し怪しいものもあります。...