ウォーターサーバーで購入するボトルの本数

ウォーターサーバーを利用する際には必ず水の入ったボトルも必要になります。

人気の浄水器情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

これはどのようなモデルでも基本的には変わることはありませんから、サーバーから水を飲んでボトルが空になったのであれば、新しいボトルを注文しなくてはなりません。

安全看板関連の情報をたくさん掲載しています。

ではウォーターサーバーを利用していて毎月購入するボトルの数はどれくらいになるのかと言うと、これは利用者の数によって変わってきます。

新築のアンテナ工事に関してわかりやすく説明しております。

まず一人当たりが一日に飲む量を400ミリリットル、コップ二杯分として考えると、一人暮らしの人が30日で飲む量は30日×400ミリリットル=12000ミリリットルになります。12000ミリリットルは12リットルですから、一般的なウォーターサーバーのボトル一本分と言うことになるのです。

ビデオカメラのレンタルの情報をお届けします。

二人暮らしの場合はこれを二倍するわけですからボトルの目安は月2本、夫婦と子供一人の場合は月3本となります。

鳩の退治を求める人にお勧めしたいサイトです。

こうした購入本数を多いと見るか少ないと見るかは人によって異なりますが、現在のウォーターサーバーの水の価格としては1リットルあたり80〜140円ほどが相場となっていますから、80円なのであれば月960円で120円のペットボトル8本分の価格になります。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150223/Cobs_135411.html

つまり月々のボトルの数の目安が1本になる一人暮らしの場合だと、毎週2本以上のペットボトルを買っているのであればウォーターサーバーの方がお得と言うことになるのです。

https://matome.naver.jp/odai/2146211287020653101/2146244047857043803

もちろん実際には電気代などもかかってくることとはなりますが、それでも価格面で見ればさほど大きな負担とはなりません。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

もし導入を検討しているのであれば、毎日家庭でどれくらいの水を飲んでいるかと言うことを確認して、コストの計算をしてみると良いでしょう。

関連リンク

ウォーターサーバーのデメリット


ウォーターサーバーには、「水を買いに行く手間が省ける」「冷水やお湯がいつでも使える」「安全性が高い」といろいろなメリットがありますが、実はデメリットもあります。まず、「それなりに電気代がかかる」。...

ウォーターサーバーが作られている工場を見学


ウォーターサーバーの安全性について、自分の目で見て確認したいときには、工場の見学を行える会社を利用してみるとよいです。安全性を謳っている会社であっても、水の質や工場での処理に問題がある場合もあります。...